レーザーでニキビ跡治療

ニキビ跡治療に有効的な方法のひとつとして、レーザーを使用した治療法があります。

ニキビ跡には個人差があるため、自分にあったレーザーを照射してくれるクリニックに行くことが大切です。パールというレーザーは、水に対しての吸収率が良いレーザーで、皮膚に広く浅く照射することができます。お肌に均一に古い角質を除去することができ、滑らかな質感のお肌になることができます。皮膚表面のにみ照射することで、肌の凹凸も改善することができます。

また、真皮層に熱が加わることで、コラーゲンの生成を促していきます。ダウンタイムは5日と長めですが、一回で効果を実感できる背ニキビ跡治療となっています。レーザーを、皮膚の深い部分にまで届けたい場合には、パールフラクショナルがおすすめです。ニキビ跡治療はもちろんのこと、頑固な毛穴のトラブルにも働きかけることができます。また、ニキビ跡の原因となっている真皮内瘢痕を除去することができるのはサイトンプロフラクショナルです。

皮膚に厚みがあり、ニキビ跡が深いタイプのものにも働きかけることができます。ダウンタイムを短くしたいという場合には、スターラックス1540が良いでしょう。新型のフラクショナルレーザーで、皮膚の接触面を急冷することができるシステムを採用しています。表皮へのダメージを抑えることができ、高い効果を実感することができます。さまざまなニキビ跡にレーザーを使い分けて治療することで完治が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *