見た目で人を判断してはいけない、とはよく言いますが、その一方でやはりどのような人物なのかを考えながら、外見で推し量るのが人間というものです。知らない人である以上、顔や人相、顔つき以外にも髪形や着ているもので他人からは値踏みされるのは仕方のないことかもしれません。これがビジネスであれば、髪型やネクタイ、スーツなどの身につけているものや着ているものでその人のステイタスを測ろうとする人は多いのではないでしょうか。社会人になってすぐの間は、既製服でかまいません。

むしろ社内での人間関係もありますから、先輩社員を差し置いて新入社員がオーダースーツでバリッと決め過ぎるのは、ねたみを買ってしまう場合もあるでしょう。逆に言えばそれくらいオーダースーツというのは、ひと目でそれとわかるワンクラスもツークラスもアップして見える格があるのです。どういうところに現われるのかといえば、まずは生地や寸法の体への沿い具合、縫製や仕上げなど、全てが既製服とは一線を画します。独立して新しいビジネスのスタートアップであるとか、昇進祝いであるとか、自分自身の指揮を高めるためにも、オーダースーツはもってこいです。

自らクラスを上げるものを身につけることにより、ますます向上心や意識を高めることにもつながります。またビジネスには信用が最も大切なことですが、取引先の企業からしてもくたびれたスーツで商談に来た相手よりも、オーダースーツでさっそうと登場したビジネスマンのほうが安心して話を進めようと思うことでしょう。