作業服というと男性のものというイメージがありましたが、最近では女子でも作業服を着て職務についている人が増えてきています。宅配便のドライバーや運送業に携わる人、建設現場で働く女子も珍しいことではなくなってきました。そこで、働く女子の作業服の特徴を見ていきましょう。これまでは、作業服と言えば男性のものというイメージが強かったため、女性が使う場合は、男性用のMサイズかSサイズのものを勧められることが多くありました。

しかし、最近では女性でもいわゆる現場作業や運送業などで働く人も増えてきているため、メーカー側も女性用のものを作るようになってきました。パンツなどはレディース専用のサイズのものが取り揃えられているのが一般的になってきました。ブルゾンの女性用はあまり作られていなかったのですが、最近では女性用を作るメーカーも現れてきており、現場で働く人たちに人気になっています。女性用に作られたものと男性用に作られたものを女性用に転用するのでは、見た目が違います。

女性用に作られているものはかっこよく見えます。男性だけでなく、女性も働く現場であれば、男性にも女性にも使えるサイズ展開がされていれば、女性だけ違うものを使う必要もありません。男性用と同じシリーズで、SサイズやSSサイズを展開するメーカーも増えてきています。また、夏用のアイテムを揃えているところもあります。

素材は夏でも涼しく感じられるものが使われており、汗を素早く吸い、速乾性もあります。